RAV Vast(RAV Drum)を買ってみた記録

「ハンドパン(あるいはハングドラム)」という楽器があるのですが、ひょんなことから欲しくなってしまいまして、いろいろ検討した結果「RAV Vast(RAV Drum)」というのを買いました。

日本ではマイナーな楽器なので、収集した情報をまとめてみました。

 

念のため

ブログ主は音楽理論などからっきしなので、以下の内容には正確でない内容が含まれる可能性がありますのでご注意ください。
また、私がRAV Vastを購入した2018年6月段階の内容となりますので、時間が経てば状況が変わっている可能性があります。気が向いたら追記していきますが内容は未保証です。

 ※あと、「買ったよ!」とか「参考になったよ!」とか、コメントで残していただけますとブログ主が喜びます。

 

RAV Vastについて

ロシアの工房 RAV Lab’s で作られているスティールタンドラムという楽器の一種。「ハンドパンが欲しくなった」で始めておきながら厳密にはハンドパンではありません。

スティールタンドラムとは、金属の筐体に舌(=タン)のような形の切れ込みを入れて、それを手で叩くことで音を出す楽器です。タンの大きさと形で音程や音色が決まります。

RAV Vastはハート型の複雑な切れ込みがあり、それによる深い独特の音が魅力です。 

f:id:youichirou:20180704201743p:plain
こういうやつです。(公式サイトより)

こういう音がします。

www.youtube.com

基本的には本体にある切り込みを指で叩いて音を出しますが、切り込み以外の胴体を手で叩いたり、こすったり引っかいたりしていろんな音を出すことができます。

 

公式Facebookページ: 

https://www.facebook.com/ravdrum/


公式YouTubeチャンネル: 

などで公式の演奏動画を見ることができます。

 

日本でのRAV Vast情報

Twitterで世界のいろいろな打楽器を紹介されているサカンさんが時々RAV Vastについてもツイートされています。

RAV Vastの公式アフィリエイトをされているそうで、よく割引キャンペーン情報も掲載されていますので購入を考えている方は要フォロー。

世界楽器てみる屋さんのRAV Vastページ

RAV Vastについて、とスケール(後述)の解説があります。

http://gakki.temiruya.com/archives/2017/01/post_338.html

注文もできますが全部1ヶ月待ち。

 アトリエマルさんの解説ページ

Rav Drum – ロシアの楽器革命 <Part 1> | 丸いブログ

 

RAV Vastの種類(スケール)

鳴らせる音の音階(スケール)でいくつか種類があります。

RAV Vastは叩くところが9カ所(モノによっては+1カ所)で、それぞれに音程が割り振られます。この音の組み合わせがRAV Vastのスケールになります。

2018年6月現在、公式サイトに載っているのは以下のスケール。

・RAV Vast B RUS (RAV Universal Scale)
B2 D3 F#3 A3 C#4 D4 E4 F#4 A4

・RAV Vast D Major
D3 G3 A3 B3 C#4 D4 E4 F#4 A4

・RAV Vast Integral
A2 C3 E3 F3 G3 A3 B3 C4 E4

・RAV Vast B Celtic minor
B2 F#3 A3 B3 C#4 D4 E4 F#4 A4

・RAV Vast B Celtic Double Ding
A2 B2 F#3 A3 B3 C#4 D4 E4 F#4 A4

・RAV Vast D Celtic minor
D3 A3 C4 D4 E4 F4 G4 A4 C5

・RAV Vast B Kurd
B2 F#3 G3 A3 B3 C#4 D4 E4 F#4 A4

・RAV Vast G Pygmy
G2 C3 D3 D#3 G3 A#3 C4 D4 F4

・RAV Vast E Low Pygmy
E2 A2 B2 C3 E3 G3 A3 B3 D4

※昔は上記以外のスケール(Onoleo、Golden gate、Minor Pentatonicなど)もあったようです。

 

Celtic~はケルト音楽のスケールを元にしているようで北欧っぽい雰囲気があります。同様にKurdは中東の方の民族音楽のスケール、Pygmyはアフリカの方の民族音楽のスケール…ということになるのでしょうか。いわゆるハンドパンでもよく使われるスケールで、確かな命名の由来はわかりませんがそれぞれ違った雰囲気があります。

以下にそれぞれのスケールで鳴る音をチャートにしてみました。

f:id:youichirou:20180716190506p:plain

こうしてみると、D Celticが最も高音寄り、E Low Pygmyが名前の通り最も低音寄りです。

B Celtic Double DingはB Celtic Minorと同じ音階なのですが、低い音の方に1音追加されています。B CelticとB Kurdは名前は違いますがG3が有るか無いかだけで他は同じ音なんですね。その他、A3 C#4 D4 E4 F#4 A4は共通しているスケールが多いです。

RAV Vastは基本的に8面+天面で9面あってそれぞれの面に1音ずつ、計9音あるのですが、Double Dingは10音あって、面数は他と同じ9面なので一つの面だけ2つの音が付いています。これがDoubleの名前の由来なのでしょう。1音多い分表現力が広くなるのでしょうが、その分中上級者向けかも。また、Kurdも10音ですね。

 

他のハンドパンやスティールタンドラムのスケールではakebonoという和風のスケールもあるのですが、RAV Vastにはないようです。日本のユーザーが増えたらakebonoも作ってくれるかもしれませんね。

スケールの選び方

正直なところ、試奏する機会も限られますし、演奏している動画などを参考にフィーリングで選ぶしかないと思います。

候補のスケールの名前を付けて「RAV Vast G Pygmy」などで検索すれば実際の演奏や奏者のコメントなどを聞くことができます。しかし英語ばっかりで日本語情報は少ないですね…。

公式サイトによれば D Majorが「初心者向け」とあります。メジャーコードで明るい雰囲気の和音を出せて、洋楽でよく使われる音階だそうなので他の楽器と合わせやすいかもしれません。

Integralは和音の組み合わせが難しいとかなんとか。

また、以下の公式ビデオや奏者の方のビデオでスケールごとの比較を挙げておられるので、聞き比べると良いかも。(ただ、プロの演奏なのでそれぞれのスケールの魅力を引き出した演奏をされるため、実際に叩いてみるとアレッ?となる場合もあるかも知れません。私はなりましたw)

www.youtube.com

RAV Lab'sの方でも、各国で試奏できる機会を増やしていきたいと考えているようで、販売代理店を紹介したりされています。

また、前述のサカン氏がたまに「ハンドパンで遊ぶ会」というイベントを催されています。ハンドパンだけでなくRAV Vastも叩かせてもらえることもあるようなので、サカン氏のtwitterで開催情報をチェックして、首都圏にお住まいの方は参加されてみては。

 

私のB Celtic Minorでよければ、滋賀県まで来ていただければ触っていただくこともできますので近畿で興味のある方は https://twitter.com/youichirou までご連絡ください。

RAV Vast Communityに掲載されたDavid Duan氏による選び方解説

Facebookグループに掲載されていた「How to Choose a RAV Scale」というドキュメントより抜粋転載させていただきますと、

ムード

ハッピー:Major
バランス:Celtic、Kurd、RUS
ミステリアス:Pigmy
秘密:Integral

文化

アフリカ:Pigmy
アラビア:Kurd
北欧:Celtic
ネイティブアメリカン:Integral
西洋:Major、RUS

難易度

簡単:Pigmy(E Lowでないほう)、RUS、D Major、B Celtic Minor(Double Dingでないほう)
中間:B Celtic Double Ding, Kurd, E Low Pygmy
高度:Integral

…とのことです。
現在販売されているスケールのみ抜粋していますので、全文(英語)は後述のFacebookグループのRAV Vast Communityに加入してご覧ください。もっといろいろ書いてあります。

スケールの組み合わせ

デュオで弾く時や、2台で弾く時などの相性のよい組み合わせを公式Facebookで挙げておられます。

www.facebook.com

1台で全てをカバーするのは難しいと思うので、個性が違うのを2台持つのがベターなのでしょうが、なかなか2台は…。お金が…。 

 

弾き方(叩き方?)

 世界のRAV Vast奏者さんがチュートリアル動画をいろんなところで公開されています。ただし英語です。考えるな、感じるんだ。

短めのパターンを紹介するチュートリアルが多いのですが、シンプルなやつでいいので長目の演奏での組立て方を教えてくれるのがもっとあるといいなぁと思います。

RAV Vastオフィシャルチャンネルのチュートリアル

www.youtube.com

Ricky Hillson氏のチュートリアル

www.youtube.com

 

買い方

ロシアの公式サイト

公式サイトにストアがあるのでそちらから注文するのが一番安価に手に入りそうです。
だいたい650ドルから。送料は90ドルくらい。届くまで1~2ヶ月かかるようです。

RAV Vast tongue drum. Handpan alternative with rich sound. Easy-to-play drum

 

日本の楽器店サイト

日本で輸入している楽器店があるのでそちらで買うのもよいでしょう。こちらは輸入代行の費用がかかりますから10~12万円くらいになります。日本語で買えるでしょうしメンテナンスの相談などしやすいメリットがあるのでは。

アトリエマルさんのサイトのRAV Vastコーナー

民族楽器コイズミさんのサイトのパーカッションコーナー

http://koizumigakki.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=911356&csid=13

その他

もしくはAmazon Japanや、メルカリでも売りに出ています。が、大概は在庫切れです。 

公式サイトでの注文

とりあえず買うだけなら、公式サイトのStoreコーナーで商品をカートに入れて、フォームに必要事項を入力してクレジットカードかPayPalで決済すれば注文が可能です。

…が、前述のサカンさんのtwitterからストアを開いて、サイト画面右下のチャットから担当者にプロモコードを伝えることで割引してもらえるそうです。

 

この場合は、注文はチャットでやりとりを行う必要があり、ウェブサイト上のフォームは使いません。

私の場合は、英語で以下のようなやりとりを乏しい英語力とGoogle翻訳の力で頑張って行いました。ロシア時間と日本時間では6時間ほど時差があるので、時間帯によっては返事がすぐには来ないかもしれません。日本だと0時の時モスクワでは18時なので、ビジネスタイムとしては日本の14時から0時くらいの間がやりとりしやすそうです。

  • 【私】こんにちは。https://twitter.com/wyrm06 でここを紹介してもらってやってきたよ。プロモコード「SAKAN」を聞いたんだけど使えるかな。
  • 【Eugenia】ありがとう。そのプロモコードはチャットでだけ使えます。RAV Vastの注文をご希望ですか?
  • 【私】はい。お願いします。
  • 【Eugenia】それでは、発送先住所、注文したいRAV VASTのスケール、バッグの要不要、支払い方法、をこのチャットで教えてください
  • 【私】住所はほげほげ、商品は B Celtic Minor、バッグもほしいです。クレジットカードでよろ。
  • 【Eugenia】支払いのメールを送るのでメールアドレスを教えてください
  • 【私】~~@~~です。
  • 【Eugenia】ありがとう。しばらくしたら支払いのメールが届くので、そこから支払ってください。総額XXXUSDになります。
  • 【私】OK。
  • (メールが来たのでカードで支払い手続き)
  • 【私】支払いできましたよ。
  • 【Eugenia】早速ありがとう。確認します。…確認しました。ご購入ありがとうございました。後日発送できましたらトラッキング番号などをお知らせしますね。
  • 【私】よろしくー。

 ※2018年6月時点の話なので、時期が変われば変更もあるかもしれませんのでご注意ください。

私の場合、「4週間から8週間かかるよ」と案内されましたが、実際は6月7日に注文してから12日で発送され、そこから8日で届きました。結果として3週間で届いたわけですがこれは在庫や注文状況などによると思われます。あと、受け取り時に追加で消費税を3400円請求されました。

しかしまあ、ロシアから日本まで直線距離でも8000kmですので、スケールが違いますね。

f:id:youichirou:20180627104215j:plain

こんな風に届きます。邪悪なマカロン!!

 

 

ケースについて

金属の楽器なので、運搬中などにぶつけますと変形して音が狂ってしまうこともあるでしょう。

一応公式ストアでキャリングバッグを注文できますが(40ドル弱)、これは簡易的なクッションが付いているものなので、心配な方はハンドパン用またはシンバル用のハードケースを使われるようです。

Hardcase Technology (EVATEK)

Eco-Friendly Handpan Bag : Fiber Composite Hardcase : Panji Bags

Namaha Music Bag Store

どれも海外のメーカーですが、個人輸入は可能だと思います。

日本ではこちらでちょっとだけ扱っておられます。在庫はないことが多いようです。

ragam-store.com

以下でハンドパン向けのケースの紹介があります。EVATEK推しの模様。

www.osamuhandpan.com

 

お手入れ

RAV Vastは鉄なので錆びないよう多少のお手入れが必要です。

調べますとだいたいはハンドパンと同じお手入れになり、金属楽器用オイル、銃器用オイル椿油などを使う方を見かけます。ハンドパン用オイルとして開発されたPhoenixオイルなるものもある模様。不乾性油であればだいたい何でもいいみたいですが。

研磨剤が入ってるようなオイルやウエスはよくないでしょうね。

あと、金属工具用の防錆紙をケースに一緒に入れておくと錆を防いでくれるようです。(Amazonで買えます)

公式のお手入れ方法ビデオ。英語。
これによると、FrogLube Extreme CLPがオススメとのこと。

私は、手で触れるものなので機械油だとちょっと気になったため、以下の刃物用の椿油を調達してみました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00HU02L96

あと適当な楽器用のクロスと防錆紙。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01B4CQPME

https://www.amazon.co.jp/dp/B003C2UPSU

 

RAV Vastのコミュニティ

Facebookにユーザーコミュニティがあります。日本人向けではないので英語です。

一般ユーザーの演奏ムービーや使い方のTIPSなどがアップされています。

日本人コミュニティもできるくらい普及するといいですね。

 

その他

Q: RAV Vast1と2があるみたいだけど何が違うの?

→ 筐体の金属板の厚みが1.5mmなのが1で、2mmなのが2だそうです。
前述の How to Choose a RAV Scale によると、1は「よりハンドパンに近く、金属的で打楽器っぽい」、2は「鐘に近い。残響が長め、大音量、豊かな倍音」とあります。
厚みの数字であってバージョンではありませんし、同じスケールで1と2があるわけではないので、スケールごとの個性の一つと考えて、1とか2の数字そのものは気にしなくていいと思います。

Q: アンプ等に繋ぐ方法はあるの?

AKG C411 PPというマイクを使って録音などをしている人がいるそうです。XLR端子がついています。

www.youtube.com

 

→MSPなるアコースティック楽器用ピックアップを使った例があるようです。

www.123music.jp

 

Q: チュートリアルビデオ見たけど、演者さんがこっち向いてるのが多くて、左右逆になって混乱するんだけど?

VLCというプレイヤーを使うと映像を回転させられるのでマシになるかも知れません。

  • VLC Media Playerhttps://www.videolan.org/)をダウンロードしてインストールします。
  • VLCのメニューから、メディア→ネットワークストリームを開く→(YouTubeのURLを入力)…でYouTubeビデオを開く
  • 同じくメニューから、ツール→エフェクトとフィルター を開き、ビデオエフェクト→ジオメトリ に切り替える
  • 「変換」にチェックを入れて「180度回転」
  • または、「回転」にチェックを入れ、いい感じになるようアングルを調整する

f:id:youichirou:20180811143309j:plain

Q: 公式のバッグに付いてる謎のフラップは何に使うの?

→公式のバッグはハードケースではなくクッションが付いたバッグになっており、演奏中は座布団として使うのが想定されています。

輸送中にバッグに付いたホコリや汚れの上に座ると気持ちが悪い人のために、ぺろんとめくって使うようにしてある、とのことです。

f:id:youichirou:20180812010853j:plain

 

Q: スタンドは何を使えばいい?

普通はあぐらをかいた上に乗せますが、椅子に座る場合はスネアドラム用のスタンドを使っている人が多いようです。

立って演奏する場合は「マーチング用」だと高く持ち上げられるのでよいとか。(Sonor 4000 Marching Snare Stand等)

Q: 思ったように音が出ない

タンを叩く場所によって出る音が違うのと、そこそこの力で叩かないといい音が出ません。最終的に慣れかと思いますが、ティンパニとかで使うマレットを使うと簡単にいい音が出せます。こいつでまずちゃんと音が出せたときの音を覚えるとよいかも知れません。

これなんか安くていいと思います。硬さは標準くらいのが良さそうです。硬めのほうは「カーン!」という音になってしまってイマイチでした。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01DEYFTSQ

 

その他のタンドラム

調べている間に見かけた中からちょっと興味深かったものを。

Hapi Drum

http://www.hosco.co.jp/japan/products/hapidrum.html
日本では手に入りやすい

KAA TONE

https://vk.com/kaa_tone
同じくロシアのスティールタンドラム

TUNGA

https://tungdrumcompany.com/tunga-hardwood-handpan/
木のハンドパン。